一生賃貸 後悔をあらわす画像一生賃貸 後悔とならないことを表現した画像「一生賃貸?」それとも「マイホーム購入?」そのことで後悔するような方もおられるので今日は、「一級建築士であり宅建士」である私がどちらがいいのかをまとめていきたいと思います。ちなみに私は、自分で間取りなども決めてあこがれの横浜にマイホームを買いました。ちなみにこんな私もかつては「一生賃貸派」でした。

ガラリと私の「一生賃貸」という方針が変わったきっかけは、同じ小学生の子供さんをもつパパ友が、広い風呂でゆっくりと子供たちと週末にはいってると、けっこう悩みがわかるよ」といっていたことでした。はっきりいって、賃貸か、マイホームか、という点は金銭面は5分5分。どちらもプラスもマイナスも均等にあります。 

だったら、10数年しかない子供たちとの生活を充実したものにしたい、私の思いがはっきりした瞬間に私の腹はきまりました。

>>「一生賃貸」って言ってた建築士の私も楽しめた「成功するマイホーム住み替え計画ガイド」はこちら

■一生賃貸 後悔?マイホーム?どちらがいいのか決めきれない

一生賃貸 後悔? と悩んでいる画像

一生賃貸 後悔する? そんな方の悩みはこんなこと
  • 一生賃貸は楽だけど、一国一城の主も捨てきれない
  • 来年30歳。35年ローン組むなら、もうそろそろ
  • ローンはいつか終わる。賃貸の家賃は一生。悩ましい。

一生賃貸というとローンを抱えないので精神的な重荷はありません。

それでも、なぜだか賃貸契約の更新日が近づくと毎回「このまま一生賃貸で後悔しないか?」「マイホームを購入した方がいいのではないか?」と悩みます。一生賃貸か、それともマイホーム購入か、どっちがいいのか? それは賃貸に住む限り永遠のテーマなのかもしれません。一生賃貸はローンを抱えないと言う分、精神的には楽なのですが。。。

マイホームでローンを抱えると、一瞬、銀行に30,000,000とか40,000,000といった額の数字が入り、その少し後にはローンと言う形であなたの両肩にのしかかってきます。これは私自身経験済みなので、ほんと、あの瞬間は重荷をずっしりと感じます。ただ、1週間もすると、忘れることは可能です。(笑)

だからこそ30歳になる前に35年ローンなどを想定して買ってしまおうと思う方も多いですし、逆に転勤族の方何かだと割り切って一生賃貸と考えることもできると思います。

■一生賃貸 後悔? 実は見えてない一生賃貸のリスク

一生賃貸 後悔? のリスクを表す画像

一生賃貸のリスクとはこんなこと
  • 高齢になってくると実は家を借りるのが難しくなる
  • 体力・気力も衰え、気軽に引っ越しできなくなる
  • 子供が気軽に帰れるところがない

一生賃貸って実は見えてないリスクがあります。まず一番のリスクと言うのは歳をとってくると簡単には家を借りられなくなると言うことです。若い頃は好きなところにどんどん引っ越しして、立地の好きなところに引っ越しをして風景を楽しみながらいろいろな土地を楽しむと言うことができますが、高齢になると借りる段階で連帯保証人が必要と言うことが多くなり簡単には引っ越すことができなくなります。

このことが意外と知らない人が多いので気をつけたいところです。また高齢になると体力も気力も衰えて気軽に引っ越しできなくなると言う点もあります。「めんどくさくなっちゃうんですね・・・」その段階でもし家賃の高い賃貸を借りている場合、その高い賃貸料金のまましばらく住み続けなければならないといったことにも陥ります。

また、これは実家がある皆さんわかると思いますが、子供にとって帰る場所があると言う事は大事なことです。実家があると言うことで、苦しい時やしんどい時にちょっと立ち寄ってやる気をまた取り戻すと言うようなことが「実家」という存在には可能です。

ところが一生賃貸でいろんな土地に行っていると、せっかく実家に帰っても、その土地は全く知らない未知の土地と言うようなことになってリフレッシュするようなこともできないと言うこともあります。

■一生賃貸は後悔するか?一生賃貸のメリット

一生賃貸 後悔? を表す画像

一生賃貸のメリット
  • 設備の故障は管理会社に電話一本で終了
  • 地震で損傷など災害リスクはすくない
  • そもそも転勤族なら賃貸でしょ。
  • 庭の手入れなんかやる必要はない
  • なんといってもローンという重荷がない

一方で一生賃貸のメリットもあります。ちょっとした窓の故障や、ガスコンロの故障、ドアの故障、といったものは管理会社に電話一本することで終わりです。めんどくさがりの私にとって、庭の手入れなんかしなくていいのは最高です。草むしりをしているご近所さんを傍目に見ながら、悠々自適生活。

ちょっとした設備機器の故障や庭のお手入れでお金がかかることもありません。また最近多くなっている地震等の災害などで、あっという間に自分の資産がなくなってしまうといったリスクもありません。そういった意味では、一生賃貸というのも悪くないと考えるのも自然だと思いますし、実際わたしはそう思っていました。

そして、「そもそも転勤族なら賃貸でしょ」と言う考えもあります。転勤族の方は、子供の成長に合わせて、出産直後は実家の近くに住んでみたり、小学校となるときには子供の環境がいいところに住んでみたりと、とにかくフットワークをかるく動くことが可能な点が、転勤族の方の強みでもあり、それがそのまま賃貸のメリットとも言えます。

ただ今や「マイホーム購入派」になったわたしからすると、根無し草よりはどこかに拠点をもってそこを軸に働いていくという生活に心の安らぎをえています。そうなんです。私は現在は、マイホームは拠点と言う考えを持っていて、実は私も転勤族なんですがあこがれの横浜にマイホームを建てて子育てをし、現在では悠々自適にくらしています。

この拠点という考えをもってからは、大阪に転勤になっても東北、九州に転勤になっても週末になったら横浜に帰ってきてリフレッシュをしてまた週末には仕事に戻るという生活にかわりました。

こうした生活もなかなかいいもんです。

■一生賃貸 後悔? 一生賃貸のデメリット

一生賃貸 後悔 のデメリットを表す画像

一生賃貸 後悔、そうならないための画像

一生賃貸のデメリットはこんなこと
  • 水回りや設備品は一定レベル以下
  • そもそも耐震性など古いと不安かも
  • 退職後も家賃の支払いはつづく
  • 庭も部屋もすべてこじんまり
  • 子供の身長を記す柱の傷などはできない

一生賃貸のデメリットとしては水回りの設備品は一定レベル以下になってしまうと言う点です。一級建築士として建物に関わっていてもやはり賃貸物件はグレードが1つ下、下手すると2つ位グレードが下がるイメージとなります。

ただ水回りについてそれほど気にならないと言う方はいいですが私自身の話をすると、浴室でリラックスすることが私にとってとても大事なので、自分の好きな色で自分の好きな大きさの足が延ばせるお風呂にゆったりと入るということが重要でした。もしかしたらお風呂好きの私にとっては、冒頭にも述べたように、浴室で子供たちとの時間をつくることと、自分好みのゆったりとした浴室空間を作ると言うことがマイホームを作ると言う最大の原因だったかもしれません。

また賃貸について言えば古い物件だと値段が安くて済むのですが耐震性の面で少し心配だったりすることもありますので小さい子供さんやご高齢のご両親などのいるご家庭などではやはり少し心配があるかなと思います。

あと最後の心配としては65歳で退職した後に家賃の支払いがずっと続くという点が心配です。マイホームであれば65歳の時点でどうも終わっていればその後の支払いと言うのは税金程度となり、毎月に換算すれば、20,000円程度となります。この点は賃貸とマイホームで最大の違いと言えると思います。

■一生賃貸 後悔? マイホームのメリット

一生賃貸 後悔? マイホームのメリットを表す画像

一生賃貸 後悔 とならないことを表現した画像

マイホームのメリットはこんなこと
  • ローンが終われば支出がぐっと減る
  • その時々で最適化するようリフォーム可能
  • マイホーム自体が社会的信用獲得
  • 実は今、低金利
  • 持ち家率約61%。周りの目も気にならない

マイホームのメリットとしては先ほども賃貸のデメリットのところでお話ししましたが、ローンが終われば支出がぐっと減ると言う点が最大のメリットです。

また、子供が育つに従って部屋の大きさを変えたり、ちょっと扉をかえたりなど、細かなリフォームをしてちょっと雰囲気を変えたりなど自由にできる点がマイホームのメリットでもあります。

マイホームを持っていると言う時点で社会的信用を獲得すると言う点もあります。やはりマイホームを持っていると言うだけで一目置かれる風潮が特に30代位だとあります。これは30代の方ならわかるとおもいます。実際私自身も友人のひとりがマイホームを購入していたことがきっかけとなりました。

そしてマイホームについては、よく金利の払いが大きくなってしまって良くないと言う話も聞きますが、実は今、超低金利の時代なので、あまり金利のことを考えなくても良い状況となっています。昔はバブルの時代は7、8%の金利と言う時代もありましたが、今は1%強程度の金利となっており、実際わたしは固定金利でなく変動金利としているのですがここ数年ずーーーっと低金利なので、ほんと金利払いに関してはお得です。

些細なことかもしれませんが、台風のような雨でも、ぬれずに車に乗り降りできるようになったのも、ちょっとしたメリットです。

■一生賃貸 後悔? マイホームのデメリット

一生賃貸 後悔? マイホームのメリットを表す画像

マイホームのデメリットはこんなこと
  • 簡単には移り住めない
  • 子供が巣立ったあとは広すぎる
  • ご近所トラブルがあるとめんどくさい
  • 庭の手入れが面倒
  • 故障などしたらいちいち費用も含め自分で対応が必要

マイホームのデメリットとしては簡単には他の場所に移り進めないと言う事があります、これはマイホームであると1つの場所に落ち着いて住めると言うメリットの全く反対の意味となります。この点は、事前にマイホームとなる住環境を、

雨の日、・夜

といった、見逃しがちなときも見ておくことで、失敗をふせげます。また、近くの中学校や小学校の評判などをちょっと仕入れておくのも重要です。このことも住居を買う方が見落としがちな点です。

マイホームは子供が巣立った後は広すぎると言われることもあります。ただ、この点もリフォームすることで解決可能です。小さな部屋割りになっていたものを大きなリビングとしてリフォームすることだって可能です。このようなリフォームにより子供が実家に帰ってきたときには家族皆でホームパーティーができる位の大きさを確保すると言うことも可能です。

ご近所トラブルなどもあると、マイホームの場合めんどくさくなるかもしれませんが、この点に関して私がお勧めするのは引っ越しした瞬間によく言われる向こう3軒両隣の家にしっかりと挨拶をしておくと言うことです。

こうしたことをしっかりやることで付かず離れずの良い関係を保てます。また、庭の手入れが面倒といった方もおられるかもしれませんが、そうした方は、あらかじめ建物周囲は防犯も兼ねた砂利敷きにするとか、コンクリートで舗装してしまうなどすれば、まったく手がかかりません。

さらに、故障したらいちいち面倒と思うかもしれませんが、マイホームだとお金はその都度でていきますが、ちょっとしたホームセンターで頼めばちょっとした工事は結構格安でやってくれます。こうした故障など、じつはマイホームだとものもそれなりのものを付けるので、賃貸の安っぽい建具などとは違い、意外と長持ちします。なので、賃貸ほど故障の回数等はないと考えて問題ありません。

私の家など、とくに高級というわけではありませんが、故障という故障はありません。ウォッシュレットの水が出なくなったことくらいですかね。(笑)私もめんどくさがりだったのですが、いまではユーチューブで故障の直し方が検索できるようになったこともあり、わたしはウォッシュレットを分解して修理してみました。あれだけめんどくさがりだったのですが、マイホームとなると自分の手足のようにかわいくなるものです。

自分が変われるという意味でもマイホームのデメリットはデメリットではないのかもしれません。

■一生賃貸 後悔? マイホームでは実はこんなことがあります

一生賃貸 後悔? マイホームの良さを表す画像

知っておきたい、マイホームならではのこと
  • 世帯主に万が一の時は保険で残ローン全額支払い
  • 資産価値があれば賃貸にだすことも可能
  • 高齢になる前に売却し、駅近物件に移動なんてことも可能

最後にマイホームで意外と知られていないことを話していきたいと思います。

まずはマイホームについてですが、ローンを立てるときによく60万円位になると思いますが保険に入ってしまえば自分に万が一のことがあったときには、残りのローンを全額保険から支払ってくれるという保険があります。

基本的にはほぼ100%入ることになりますので、この点は賃貸と違って安心なところであります。

さらにマイホームを買った途端に転勤が決まるみたいな話もよくある話ですが、マイホームを資産価値のある場所に立てておけば、借り手もすぐ見つかって賃貸で貸し出すと言うことも可能です。私の知り合いでも貸しだすことで、ローンよりも高い値段で貸して逆に利益を得てしまったといった方もいました。

これと似たようなことですが、高齢になったときにマイホームでは広すぎて不便とか駅から遠いとから不便と感じるときに、資産価値のある家であれば売却が可能で、その売却したお金で駅近のちょっとした小さなマンションに移り住むといったことも可能です。

いかがでしたでしょうか。

一生賃貸で後悔するという方も多いですから、そういうことがないようにマイホームよりの話をしてきました。マイホームを考えていない方はまずはちょっと間取りを考えてみるとか、ちょっと夢を見てみると言う形でマイホームについてちょっとかじってみるのもよいと思います。まずは、住み替えについて計画してみると具体的に賃貸と比較もできていいですよ。わたしはそこからはじめました。次はあなたの番です。

 

>>「成功するマイホーム住み替え計画スペシャルガイド」を無料でゲットする?

 

※一生賃貸 後悔? で悩まれている方のその他のお悩みワード

※一生賃貸 後悔? で悩まれている方のその他のお悩みワード

一生賃貸 不安 持ち家がない親 一生賃貸 持ち家 アパート暮らし 子供 UR 変な人 賃貸派 貧乏 持ち家なし 老後 ur賃貸 恥ずかしい URコンシェルジュ 評判 賃貸派 後悔 一生賃貸 貧乏 一生賃貸 子供 家を持たない 老後 UR 住みたくない ボロアパート 家族 UR 音漏れ UR ボロい 家 買わない 老後 UR団地=貧乏 50代 持ち家なし 団地 イメージ悪い 賃貸派 老後 ur賃貸 失敗 一生賃貸 割合 UR賃貸 変な人 ur 住みたくない 45歳 家を買うべきか 賃貸 老後 後悔 アパート暮らし みじめ 都営住宅 貧乏 新築マンション 一生住む 一生賃貸 惨め 一生賃貸 家を持たない という 価値観 一生 マンション 一生賃貸 末路 アパート 家族 貧乏 アパート暮らし 貧乏 一生賃貸 賢い 持ち家 賃貸 比較 UR賃貸 一生 持ち家 持たない 一生賃貸 家を持たないという価値観 一生賃貸 後悔 老後 賃貸 独身 ur賃貸 金持ち 地方 マンション メリット 賃貸 何歳まで借りられる 家 欲しくない 団地育ち 貧乏 ur賃貸 貧乏人 アパート暮らし 嫌だ あえて賃貸派 40代 持ち家なし 老後 賃貸 借りられない ずっと賃貸 子育て 40代 賃貸 恥ずかしい UR賃貸 金持ち 一生賃貸 実家 一生賃貸=貧乏 家 買わない 賢い ずっと賃貸 後悔 賃貸で よかった 賃貸と 購入 50代 UR 民度 一生賃貸 リスク 60代 賃貸暮らし 一生賃貸 恥ずかしい 一生賃貸 老後 一生 賃貸 金持ち 中古マンション 一生住めるか 50代 賃貸 恥ずかしい UR 近所付き合い 夫 一生賃貸 ur賃貸 低所得者 県営 団地 貧乏 一生賃貸 無理 賃貸派 増加 40代 持ち家なし 貯蓄 UR 空 かない


>>「成功するマイホーム住み替え計画スペシャルガイド」を無料でゲットする?